Mongoose Fuzzは、1985年にロジャー・メイヤーの手によって開発され、充実したボトム・エンドのある歪みを欲しがるミュージシャンの為に製作されていました。ディストーションに、ややワウボイシングのような効果が取り入れられているのがマングースの特徴です。

Axis Fuzz、Classic Fuzzと比べると、ややモダンなサウンドになっています。Mongooseはディスクリート及びICを使用したアナログ回路です。

ジョーペーリーが使用。
ジミーペイジがカヴァーデール・ペイジの録音で使用。
※ロジャーメイヤー/エフェクター

【 メーカー在庫依存商品 】
※メーカー在庫依存商品はお取り寄せでも翌日出荷が可能です。
(メーカー在庫品・平日受付時間内)
※商品状態をリアルタイムに反映できない場合がございます。
売り切れの際はご了承ください。


↑このページのトップヘ