仕様表


全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
適合
ルアー
(g)
適合
ライン
ナイロン
(lb)
適合
ライン
PE(号)
カーボン
含有率
(%)
2.9221511952.6/14.910-8010-301.0-2.599

感度と操作性の極みを目指すランカー特化型フラッグシップシリーズがパワーモデルを中心にモデルチェンジ

ダイワシーバスロッドのフラッグシップブランド「morethan(モアザン)」の中でも一際異彩を放つ型のパワーモデル「ブランジーノAGS」。“BRANZINO”とはイタリア語でシーバスの意味。感度と操作性を極めた通常のモアザンとは異なり、ランカーにターゲットを絞ったダイワシーバスロッド最強仕様となっている。強靭なバットが生むパワーは荒れ狂う海でも圧倒的なロングキャストを実現し、流れの速い河口部や河川では消波ブロックや杭をかわしながらのパワーファイトを実現し、確実にランカーシーバスを仕留める。限界まで極めたキャスタビリティで他のシーバスロッドの追随を許さず、そのベントカーブはバイトと同時に曲がってターゲットに違和感を与えない。フッキング後は持ち前のパワーと粘りで口切れを起こさずスムーズにランディングに持ち込める。超高感度設計により感度を重視している「エキスパート AGS」に対し、「ブランジーノ AGS」はよりパワー重視。どこまでもランカー狙いにこだわりたい方や、ヘビーウェイトルアーを正確に遠投したい方に最適なモデルとなっている。

■97H・J 【RAGING STREAM CUSTOM 97】
東北のランカーハンター及川太一監修。河川の水の流れの中からメーターオーバーのシーバスを浮かせるハイパワーロッド。大型のミノー、シンキングペンシル、ビッグベイトなどの重いルアーも確実にフルキャスト・操作可能な半面、絶妙な柔らかさのティップにより80mmほどの中型シンペンにも対応する高感度設計。

■感性領域設計システム『ESS(Expert Sense Simulation)』
ロッドが曲がった際に発生する復元力(ひずみエネルギー)を解析・設計するダイワ独自のシステム。「どこがオーバーパワーか」「どこがパワー不足か」を数値で明確に把握するだけでなく、通常のベントカーブには現れないエキスパートの「感性」と呼ばれる領域までロッドに反映させることが可能。理想を超える竿を作り出す、革新的ロッド設計システム。

■AGS(エアガイドシステム)
軽さによる飛距離とコントロール性能の向上と、カーボンフレームの硬さによる感度の向上を実現した画期的なカーボンガイドシステム。ガイドが軽くなることで、まずキャスト時の振り抜きスピードが上がるため、飛距離が伸びる。次にキャスト時のティップのブレの収束が早くなるため、キャストアキュラシーが上がる。またブランク本来が持つポテンシャルがより引き立つことで、感度がアップすることも大きい。同じブランクを使用していても、AGSを搭載するとリトリーブ時のルアーのアクションが今まで以上にダイレクトに伝わってくるので、ルアーが潮を掴む感覚や潮目の変わり目などがよりリアルにわかるようになる。

■SVFコンパイルXナノプラス
カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な役割を担う複数種類の樹脂(レジン)を、ナノメートルオーダーで混合する特殊な技術により、樹脂の高性能化を実現した東レ(株)ナノアロイ®テクノロジー適応材料を、ダイワ独自の設計・製造手法で機種ごとに最適化を行い、ブランクのさらなる高強度化・軽量化を可能にしたテクノロジー。これにより超高密度SVFカーボンがさらに高性能化。

■3DX
3DX=3軸クロスとは、3方向からの力を均等に受け止めて作用する3軸織物のカーボン。正六角形が並ぶ構造のクロスはあらゆる方向からの力に対して同じ力を持つため、優れた形状復元力を有する。ロッド本体をストッキングのように覆い、キャスト時のブランクスの歪みを抑えてブランクス本来の性能を発揮させる理想的なサポート素材。細身肉厚ブランクとの相乗効果でランカーサイズをもジワジワと浮かせて確実に獲るポテンシャルを有する。

■X45
カーボン繊維の巻き角度は竿先に対して0°・45°・90°がそれぞれ曲げ・ツブレ・ネジレに対して最大の弾性を有する。他のX構造のように中間の角度にした場合、それぞれの弾性が低いためパワーロスの原因となる。また中間の角度で「X45」と同等のパワーを発揮させるためにはかなりの重量アップが必要となる。最も弾性率の高い3つの角度を採用している「X45」はロッドの変形を防いでパワー・操作性・感度を向上させる最適構造なのである(世界共通の商標として「Xトルク」から「X45」に呼称変更)。

■V-ジョイント
高弾性グラファイトを互い違いに斜め45°に巻き上げたVジョイントのインロー。従来の継ぎ竿では成し得なかった合わせ部のひずみ・突っ張り・パワーロスを極限まで追放。ワンピースに最も近い性能を発揮することに成功。もちろんロッド全体のベントカーブも限りなくスムーズなものとなり、シーバスの挙動やルアーのアクションをダイレクトに手元に伝えてくれる。

↑このページのトップヘ